「荒い」と「粗い」の意味の違い 【荒い】 動きが激しい 【粗い】 細やかでない、おおざっぱ 「荒い」と「粗い」とは、どちらもアライと読む同訓異字の語です。 「荒い」は、動きが強く激しくて抑制がき … しかし、目が粗い分、例えばコーヒーの粉のような 細かいゴミを逃してしまうようです 。 だから、くだものや野菜の皮や、切りくずなどの大きめのゴミを入れるための水切りネットとして使うのには、適しているのではないでしょうか。 同じ言葉でも漢字が違うと意味や使い方が違う。そんな、似ていて使い分けが難しい言葉が日本語には結構ありますよね。その中から今回は、意外と違いが分からない「荒い」と「粗い」ついて解説します。 粗いを含む言葉・熟語一覧(複合語・合成語) ... ・言い捲る ・厚飼い ・誘い込む ・乞食も身祝い 「い」更に見る: 粗いの対義語・反対語 細かい: 熟語検索 性格・人柄を表す四字熟語が意外と多いってご存知ですか?スローガンや状態を表す印象が強いですが、人の性格そのものを意味する四字熟語も実は多いのです。今回はその中でも厳選した33個の四字熟語を、意味や類語も合わせてご紹介します。 「粗い」の対義語 「粗い」 は、 「大雑把だ」 という意味なので、この対義語は 「細かい」 だと考えていいでしょう。 「彼は仕事が粗い」 を反対の意味にする場合、 「彼は仕事が細かい」 となります。 性格・人柄を表す四字熟語が意外と多いってご存知ですか?スローガンや状態を表す印象が強いですが、人の性格そのものを意味する四字熟語も実は多いのです。今回はその中でも厳選した33個の四字熟語を、意味や類語も合わせてご紹介します。 「粗」がつく二字熟語・三字熟語・四字熟語や名詞など(簡粗:かん-そ,精粗:せい-そ,粗悪:そ-あく..)掲載語句件数:132件。語句を構成する各漢字の書き順などの情報を表示できます。 荒い(あらい)(「粗い」と同語源)1 動きが大きく激しい。「波が荒い」「呼吸が荒い」2 性格や言動にやさしさがなく粗暴である。激しい。「気性の荒い馬」「言葉が荒い」3 けじめがない。度をこしている。「金遣いが荒い」「人使いが荒い」粗い(あら 同じ言葉でも漢字が違うと意味や使い方が違う。そんな、似ていて使い分けが難しい言葉が日本語には結構ありますよね。その中から今回は、意外と違いが分からない「荒い」と「粗い」ついて解説します。 デジタル大辞泉 - 細かいの用語解説 - [形][文]こまか・し[ク]1 いくつか集まって一まとまりになっているものの、一つ一つの形が非常に小さい。「―・い砂」「―・い雨が降る」「―・い字で書く」「―・い編み目のセーター」「野菜を―・く刻む」⇔粗い。 『同じ読みで意味の違う言葉の辞典(著・編集:あすとろ出版)』(出版社:あすとろ出版)掲載の「粗い(あら(い))」の定義意味解説ページ。【解説】①面がざらざらしている。密でない。[基本例]「手触りが粗い。」「網の目が粗い。」[対語]細かい。②大まかである。