特に1話はテンポが小気味よく早いこともあり、「あーあれがそうでこれはああでそれはこうなのね」と、自分で2周したり、考察文章などを読んでようやくわかったことが多々あります。たぶんbdを買うのでまた新しい発見があることでしょう。

プリンセス・プリンシパル 第8話「case20 Ripper Dipper」 王国から共和国への亡命を希望しているオライリー卿。 彼が秘密裏に接触する人物を特定するよう指令を受けたアンジェ達は、ターゲットが現れるまでオライリー卿が借りている部屋を監視することに。 9月末で好評のうちに最終回を迎え、10月27日にbd・dvd第2巻が発売されたtvアニメ『プリンセス・プリンシパル』。 本作の制作を指揮した橘正紀監督に、電撃オンライン読者から募集した質問に回答していただきました。 特に1話はテンポが小気味よく早いこともあり、「あーあれがそうでこれはああでそれはこうなのね」と、自分で2周したり、考察文章などを読んでようやくわかったことが多々あります。たぶんbdを買うのでまた新しい発見があることでしょう。 『 プリンセス・プリンシパル 』第1話「case13 Wired Liar」 19世紀末、アルビオン王国は革命により、首都ロンドンを境にして、旧来の王国と新しく生まれた共和国の二つに分かれた。
第3話「case2 Vice Voice」 敵側である共和国のスパイ・アンジェ達と手を組んだプリンセス。 だが、プリンセスの友人でもあり侍女のベアトリスは、プリンセスと瓜二つであるアンジェに対して、アンジェがプリンセスと入れ替わってその地位を利用し、王国に被害を与えるのではないか?