オランダの独立とイギリスの海外進出 フランスの宗教内乱と絶対王政 17世紀の危機と三十年戦争 東ヨーロッパの新しい動き . 17世紀半ばより3度にわたって繰り返された英蘭戦争です。 オランダ海軍はトロンプ提督、ロイテル提督などが活躍してイギリス海軍を悩ませましたものの結局、イギリスに海上帝国を明け渡すことになりました。 17世紀 16世紀. 終了/死亡 .

A.D. 1609 . 第9章 1 重商主義政策 イギリス革命 イギリス議会政治の確立 ルイ14世の時代 プロイセンとオーストリア 北方戦争とロシア ポーランドの分割 2 時代. しかし、この都市は後の1661年の英蘭戦争によってイギリスに奪われ、ニューヨークと改名されていまいます。 17世紀のオランダは商業国として成りあがり、覇権国家として世界の中心となるのです。 イギリスの軍艦が新しい概念のもとに進化を遂げている間にも、17世紀初頭のスペインとオランダは従来のガレオン船を使い続けていました。 ガレオン船には、大砲の重量を支えるために二重になった多くのフレームと、何層ものデッキを支える梁を備えているものもありました。 ①英の覇権…18~19世紀にかけ、イギリスが世界各地に植民地や支配権を得て、国際貿易の覇権を握る。 ②国際戦争の勝利者…17世紀後半、英蘭戦争を通じてオランダの商業覇権に打撃を与え、第二次英仏百年戦争でも勝利。 開始/誕生 . 17世紀後半における3回にわたる英蘭戦争・ルイ14世の介入(南ネーデルラント継承戦争とオランダ侵略戦争。 ③世界市場の変化 オランダ商人が独占していた香辛料の人気がなくなり、インド産綿布・中国産茶がもてはやされる。 17世紀後半には、海上貿易の覇権をめぐって、イギリスとオランダの間に、3回にわたる戦争(英蘭戦争)が起きます。 第1次(1652年~):オランダ勢力を抑えるようにとの要望がイギリスの貿易商から議会に出され、それがオリヴァ・クロムウェル(ピューリタン革命の指導者。 (⇒ 17世紀のイギリス )ウィレムがイギリス国王に即位したことにより、オランイェ家の名声は高まったが、オランダの平和と国益には結びつかないことが徐々に明らかになる。オランダは世界貿易におけるかつての主導的な地位を失い衰退へ向かうことになる。 年代. A.D. 1566 . イギリス・オランダ戦争(〜74) 1653: イギリス、クロムウェル、護国卿となる: 1660: イギリス、王政復古: 1682: ロシア、ピョートル1世即位(〜1725) 1688: イギリス、名誉革命: POST INFORMATION .