希望(きぼう)とは。意味や解説、類語。[名](スル)1 あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。「みんなの希望を入れる」「入社を希望する」2 将来に対する期待。また、明るい見通し。「希望に燃える」「希望を見失う」3 文法で、1の意を表す言い方。 「希望」の場合はこちらの意味で、この熟語は似たような意味の漢字が2字組み合わさってできた熟語です。 「まれ」という意味を表す場合、昔は「稀代」「稀少」「稀薄」のように、「稀」という漢字の方を用いることが一般的でした。

「希」という字には祈るや希望という意味があり、男女問わず人の名前によく使われます。しかし、まれという意味もあるから良くないとも言われます。今回は「希」の字について意味や由来はもちろん、名前に込められる意味についてご紹介します。 ただしこれらの漢字は当て字で、特に漢字に意味はありません。 「たっての希望」の意味 「たっての希望」 には、 「どうしても実現しようと強く要求する」 または 「どうしても実現したいと無理に願う」 などの意味があります。



「希」という漢字: 漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。 (「希」は小学4年生で習います。: 成り立ち、読み方、画数・部首、書き順・書き方: 意味: ①「まれ」(同意語:稀) ア:「存在が非常に少ない」、「数が少なくて珍しいさま」(例:希少価値)
「希望に沿う」という言葉は、ビジネスシーンでよく使用されます。今回は、この「希望に沿う」という言葉の、意味や例文を挙げての使い方、類語、「添う」と「副う」との違いなどについて、紹介します。この記事で「希望に沿う」を詳しく知って、ぜひ使ってみてください。 意味: ゆめ。睡眠中に見る幻影。はかないもの。ゆめを見る。 願い: 夢、希望を意味する漢字。希望や理想を持ち続ける人。夢を実現することが出来るようにという願い。 「希望に沿う」という表現をご存知でしょうか。「希望に沿う」はビジネスシーンでよく見かける言葉ですよね。「ご希望に沿えず、申し訳ありません」「ご希望に沿えるよう、精進します」などと使います。何気なく使われていますが、「希望にそう」の漢字は「沿う」で適切なのでしょうか。 「望」という漢字: 漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。 (「望」は小学4年生で習います。: 成り立ち、読み方、画数・部首、書き順・書き方: 意味: ①「のぞむ」 ア:「願う」(例:希望、待望) イ:「見渡す」(例:眺望) ウ:「見上げる」(例:仰望)