『遊戯王』に登場するマリク・イシュタールは、エキゾチックな雰囲気の少年で、心に別人格「闇マリク」を有しています。闇マリクは『遊戯王』の悪役キャラで、「顔芸」というジャンルの始祖です。また、マリクの過去は『遊戯王』内で凄惨に描かれ、闇マリクの誕生にも関わってきます。 遊戯王といえば「顔芸」。顔芸といえば、闇マリク。 声優の「岩永哲哉」さんの名演技もあり、アニメ界における顔芸の元祖として根強い人気をほこっています。 大人気アニメ・遊戯王の声優さんをまとめました。初代シリーズで主人公の声を担当した人気声優さんやベテラン声優、イケメン声優にあのアイドルまで、意外な方も多い遊戯王の声優さんたち。「あのアニメのキャラの声と一緒だ!」なんて、意外な発見もあるかもしれません。 マリク・イシュタールとは遊戯王のバトルシティ編から登場する人物であり、千年アイテムの一つである千年ロッドの所有者でイシズの弟。 この項目では表人格と裏人格の概要を記す。 バトルシティ編におけるラスボス。「墓守の儀礼」の想像を絶する苦痛と、心の傷によって生まれたマリクの闇人格。 表人格の時と比べると、髪はかなり逆立ち、感情の起伏が激しくアニメ版では顔が病的に変貌している。闇マリク本人をして「儀礼や身の上の苦痛から(表マリク)が作り出した自己破壊と憎悪の象徴」であり、「闇マリクを作られなければその精神の負担から表マリクは自らを死に追いやっていた」とのこと。その誕生の経緯故、性格は残忍かつ極めて猟奇的である。そして、病的な程の破壊 …