ニオイバンマツリの育て方 花の色が紫・白と変わり、開花時期が長い。 耐寒温度は5度で霜に当たると枯れるが、軒下など霜が直接あたらなければ戸外で越冬できる地域は多い。 水切れを起こしやすい。庭植えでも水切れする。 肥料は控えめ。 ニオイバンマツリ 剪定は? 2020-04-24 庭木・花木 ニオイバンマツリの剪定は?ニオイバンマツリ(アメリカジャスミン、ブルンフェルシア)は、前年に伸びた充実した枝に花が咲きます。枝は花が終わった後に伸び始める上… 記事を読む ニオイバンマツリの美しい花の写真と詳しい育て方などを紹介しています。ニオイバンマツリは、花の色が紫~淡紫~白色に変化していきます。ジャスミンに似た芳香を持つところから、この名前が付いています。比較的耐寒性があります。 ニオイバンマツリはアルゼンチンやブラジルが原産の常緑性の低木に分類されます。 ニオイバンマツリは、花の色が紫から白へと変化していくことが特徴的です。 次々に新しい花が咲くことから、1株で2色の花色を楽しむことができるのも特徴のひとつです。 ニオイバンマツリは日当たりが良い場所で育てましょう。湿気がある場所・用土のほうがよく育ちます。 ニオイバンマツリの水やり. ニオイバンマツリ は、ナス科バンマツリ属の常緑低木で、ブラジル、アルゼンチンなどの熱帯に,約40種類が分布している熱帯花木です。気温の高い暖地だと、樹高は300cmにも伸長しますが、温暖地などで普通に育てると150cm程に収まります。 ニオイバンマツリは初夏に良い香りのする花を咲かせる植物です。花色が変化するのが特徴で満開時期には3つの色が楽しめますよ。ニオイバンマツリの特徴と剪定時期など育て方のポイントを紹介します。 Photo by ちーちゃんさん@GreenSnap. ニオイバンマツリという樹木をご存知ですか?花の色が2色楽しむことができる花木です。花を見て、育ててみたいと思った方は多いのではないでしょうか?そんなニオイバンマツリの基本的な育て方や育てる前に知っておきたいことについてまとめました。 ニオイバンマツリは花が紫から白へ花色が変化し、さわやかな芳香があります。盛りには株が花で覆われるほどになり、鉢物として一般にも流通しています。霜があまり降りないような地域では、戸外でもよく冬越しします。