フランス高校教科書紹介シリーズの一環としてフランスの高校1年生の時の時間割を紹介しますちょっと読みにくいかもですが、授業は朝8:45から18:00までで、お昼… 私たちの小学校には教科書も時間割もテストも偏差値も存在しません。子供が自ら教科書を書くのです。教師はそれをそっと見守り、導く役割です。2歳半から12さいまでのモンテッソーリの環境で、子供達は日々、深く集中して、学べる喜びにあふれています。 Bonjour à tous! フランスの小学校は休みが多いフランスで子育てしていて、いつも頭を悩ます事は、「バカンスがありすぎ」ってこと。日本語でバカンスと言うと聞こえがいいけど、要するに冬休みや夏休みのことで、親が働いていようがなんだろうが、子供が学校に行かない日とな イタリアの教育システムは日本と異なり、6歳から小学生にあがり、小学校5年、中学3年(ここまでが義務教育)、そして高校が5年。ストレートに卒業しても19歳。 と… イタリアの子育ての現場から「ママから見たイタリアの夏休み」について現地からお届けします! 3ヶ月もの長いイタリアの夏休み、イタリア人ワーキングママが選ぶ子供の預け先は?イタリア人ファミリーは夏休みをどのように過ごす? 公立小学校のお昼(給食や昼休み)は何時から何時までですか? 学校によって違うか分かりませんが。次の5時間目は何時からですか? 地域によって違いますが、私の地域では12:20~40が給 … ・小学校の短縮化と中等教育の早期化。 ドイツ、ロシア(旧ソ連)、フランスなどでは小学校の年数が短く、早い段階で中等教育を 開始する制度を確立してきている。 イギリス、ドイツ、フランスなどではこれまで10歳や11歳段階での早期選抜の弊害を克 渋柿です。 フランスの学校は、11時半から13時45分までがお昼休みです(地域により若干の違いがあります)。なんと、2時間15分も!その間、基本的に子供たちは家に帰ります。そのため、幼稚園生や小学生の親は、お昼のお迎えと送りのために学校と家を2往復することになります。

イタリア在住の筆者が自分の周りのイタリア人などから良く聞かれたり驚かれる、日本の学校に関することをご紹介します。 ライターになる ... でも一緒。ここではイタリア人がいったい日本の給食のどのような点に驚くのか、小学校の給食を例にご紹介します。 Alitalia 57860 view.