ヤップ島の巨大石貨とは、ミクロネシア 連邦ヤップ島の伝統的な貨幣である。 現地語ではライ(Rai)などと呼ぶ。. ミクロネシア連邦・ヤップ島。グアムの南西約800キロ、深いブルーと珊瑚礁の美しい海に浮かぶヤップ島は、ひしめき合うように並ぶ4つの島から成っています。 ヤップと言えば、石のお金「ストーンマネー」が有名です。 島古来から伝わる伝統文化を今も大切に守っているヤップ島。 石なお金、遠洋航海術(いわゆる スター・ナビゲーション)が現在まで継承されています。 概要. 『2015年のGWにヤップ島に行ってきました。ダイビングはしないので、ただただ島でのんびり過ごすだけの旅です。ユナイテッド航空によるヤップ島入りは、「グアム⇔ヤッ...』ヤップ島(ミクロネシア)旅行についてpooske♪さんの旅行記です。 例えば、ミクロネシア・ヤップ島で見つかった石のお金「フェイ」。直径が最大で4メートル弱の世界最大のお金で、運べないため取引は記録され、その内容がフェイの所有権の根拠になった。こうした仕組みが発展し、現在の貨幣制度につながったという。 石橋奈美さんが結婚した旦那さんは、 ミクロネシア連邦・ヤップ島でスキューバダイビング店を経営 している方のようです。 現地在住の日本人 だそうです。.

なお、ヤップ島の土着言語には文字がないし、現在の中学生相当の7年生にすら四則演算の浸透度がそう高くない *6 ようなので、本書が主張するように、伝統社会に帳簿があったのかは疑わしい。 4. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ヤップ島の用語解説 - 西太平洋,ミクロネシア連邦,カロリン諸島中の島。最高点はタビウォル山 (187m) 。コプラを産する。ヤップ人は石貨の使用で有名。面積約 119km2。人口1万 3900 (1990推計) 。 ヤップ島以外の話も胡散臭い