せっかく楽しい海外旅行をしてきたのに、帰国後に時差ぼけの症状が出てしまった・・。楽しい気分を台無しにしてくれるこの時差ぼけですが、これって仕方がないことなのでしょうか?ここでは時差ぼけの治し方や対策について具体的に解説しています。 海外旅行をするときに、時差ぼけが気になる方もいるのでは?せっかくの旅行なのに時差ぼけのせいで万全に楽しめないのは悲しいもの。この記事ではイタリア旅行・留学経験を持つライターの視点から、ヨーロッパ圏へ旅行するときの時差ぼけ対策を解説します。 私はヨーロッパ在住なので日本へ帰国する際には飛行機に乗るため、たびたび時差ぼけに悩まされてきました。 時差ぼけとは、体内時計が時差によって乱されることによって、眠気、不眠、めまい、頭痛、食欲不振、倦怠感などの体調不良を引


ヨーロッパ旅行の時差ボケ。症状は、ヨーロッパよりも帰国後の日本で強く出る傾向にあります。今回の記事では、ヨーロッパからの帰国後に何をすれば時差ボケの症状を早めに解消できるのかをお伝えしております。ぜひご活用ください。 ヨーロッパ旅行から日本に帰ってくる時は、東回りで地球を回りますが、西回りよりも時差ぼけが強いと言われています。その時差ぼけを早めに解消してすっきりとした体で普段の仕事に戻りたいと思います。帰りの旅行時に気を付けることをまとめて時差ぼけ解消方法を具体例で考えます。 (2018/05/10) 時差ぼけで胃腸障害?原因は難しいけど解消の基本はやはり!を更新しました (2017/11/15) 帰国後の時差ぼけ!ヨーロッパ帰りの苦労を解消するには?を更新しました (2017/10/06) スペインの時差ボケを防ぐコツは?を更新しました
時差ぼけ 時差ぼけとは? 海外旅行の際に、現地到着後、あるいは帰国後に、体の不調(夜眠れない、日中ぼんやりするなど)を訴えることがあります。 人間の体内の器官は規則正しいリズムで働いており、このリズムが時差により乱され、体調に変化をもたらしたのが時差ぼけです。 通常4~5

ゴールデンウィーク、夏休み、年末と長いお休みを利用して海外旅行に行かれる方が多いと思います。でも、帰国後の時差ボケで大変な目に合って、せっかくの楽しい旅行も台無し(涙)...なんて話をよく耳にします。こんな辛い時差ボケ、治し方はどんな風にし