苔 (たい) 類、ツノゴケ類と並ぶコケ植物の一群。植物体はすべて茎、葉の分化がみられ、茎は直立または横にはい、仮根は多細胞からなっていて、分枝する。茎には中心束が分化するものが多い。 コケ植物のことで、単にコケ、またはコケ類ともいう。かつてコケ植物を蘚類と苔類の二群に分類したことによるが、最近では蘚類、苔類、ツノゴケ類の三つに分類するのが普通であるため、これらを総称して蘚苔類ということもある。 なお、中国名では苔蘚類という。 コケ植物の三大分類は、蘚類「ゼニゴケ植物門」苔類「マゴケ植物門」ツノゴケ類「ツノゴケ門」です。 *「 」:2006年頃から再検討され2012年頃に類から門に格上げされているようです。 コケのことを「蘚苔類(せんたいるい)」と呼びます。蘚苔類はさらに大きく2つに分かれます。「蘚類(せんるい)」と「苔類(たいるい)」です。この記事では触れませんが、この他に「ツノゴケ類」があります。ツノゴケ類は苔全体の1%ほどにしか満ちません。 コケ植物(蘚苔類)は蘚類・苔類・ツノゴケ類に分けられます(コケ観察ガイドでは蘚類とコケ類のみを取り上げています)。 いずれも水を吸い上げる根と植物体に水を運ぶ維管束を持ちません。全身で吸水し、光合成を行います。 苔にはマゴケ植物門(蘚類)、ゼニゴケ植物門(苔類)、ツノゴケ植物門(ツノゴケ類)がありますが、それぞれ体の仕組みが異なる部分があります。 少し専門的な話になるため、苔の生育にはあまり関係しませんが、知識として知っておくと良いかもしれません。 蘚類 苔類 ツノゴケ類の違いは? 苔には苔類(こけるい)、蘚類(せんるい)、ツノゴケ類と大きく分けて3つの種類があります。それぞれの苔の種類の特徴を知っておくだけでも知識が広がりますので、この機会に覚えておきましょう。 朔が長持ちします。 ツノゴケ、… 分かったかな?( ̄∇ ̄) わからんですよね。(^ ^;). ツノゴケ類(つのごけるい) 苔類に似てますがツノが出てます.