国連本部があるアメリカは、26位で、日本は最下位。 ん~、困ったもんだ。 しかし、去年から今年にかけて日本でも急激に認知度は上がっている感覚はあるのですが、どうなんでしょう。


2019.06.30 国連持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(sdsn)などは28日、世界のsdgs達成度ランキングを発表した。日本は162カ国中15位。昨年と順位は変わらず、依然としてジェンダー平等や責任ある消費・生産、気候変動 … 出典:sdgs journal 日本のsdgsの認知は28ヶ国中最下位.

世界のSDGs進捗度、日本は11位に入るも課題残す 2017.07.27 国連のシンクタンクである持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)などは7月6日、世界各国のSDGs(持続可能な開発目標)に対する取り組みの進捗度を比較した ランキング を発表し、日本は157カ国中11位に入った。 日本でもsdgsという言葉が徐々に浸透してきていますが、実際にsdgsがどの程度達成できているのかを知る機会は中々ありません。この記事では、sdsnが発表した「世界sdgsランキング」や、企業の報告書を元に、日本のsdgs達成度について紹介します。 SDGs達成に貢献している国には、世界的に活躍する企業の存在があります。 その企業のランキングを「2020 Global 100」といい、世界経済フォーラム(WEF)がスイスのダボスで開催している年次総会(ダボス会議)で発表されています。

2019年5月に公表された国連持続可能な開発目標(SDGs)進捗報告書から、SDGs17の目標それぞれの進捗状況を、日本語に翻訳してお届けします。SDGs開始から4年間でどれほどの成果があり、どんな課題があるのかご紹介します。



世界のsdgs達成度ランキング、日本は15位 昨年と変わらず .

北欧各国がSDGs達成度ランキングで常に上位を占めているのは、2015年のSDGsスタートよりずっと以前から持続可能な社会づくりへの意識が高く、多くの先進的な取り組みを行ってきた成果です。例えば環境負荷の少ない商品を認証する「Nordic Swan(ノルディックスワン)」を5か国共同 …