天六ガス爆発事故とは. ② 事故の予兆は存在する。「ジャパン・カウントダウン2001」の際に今回の事故が発生する兆候があった。 ③ イベントには人の流れの解析が不可欠である。 ④ 事故の正確な情報は意外と伝わらない。発信する側の整理が不可欠である。 【総括】 1970年(昭和45年)4月8日夕刻、大阪府大阪市北区天神橋六丁目(通称:天六)の大阪市営地下鉄谷町線天神橋筋六丁目駅の工事現場で起こったガス爆発事故とは一体どんなものだったのでしょうか 有力な新興企業を継続的に生み出す米シリコンバレーのような拠点構築に向け、政府が「グローバル拠点都市」として東京都、横浜市など4都市圏を選定したことが10日、分かった。 フォト蔵で恭太郎。さんが共有している写真「大阪・天六ガス爆発事故(1970)」です。フォト蔵はスマートフォンやデジタルカメラで撮った写真を簡単に投稿・共有できるフォトアルバムサービスです。 北炭夕張炭鉱・第二斜坑で大きなガス爆発事故があり、内部は大規模に落盤した。坑口も崩れて埋没するということだから、相当な大きな爆発であったことだろう。 早くも即死者六人の情報が出ているが、坑口がふさがっているため内部の状況はわからない。 【写真で見るきょうは何の日】大阪・天六ガス爆発事故1970(昭和45)年4月8日、大阪市北区の市営地下鉄「天神橋筋六丁目」駅の建設工事現場付近でガス漏れが発生、駆け付けた大阪ガスの車が炎上し、大爆発が起きた。いわゆる「天六ガス爆発事故」である。