蒸し暑い季節に山登りは大変でしょうが、噂によると、葛原岡神社は「紫陽花神社」と呼ばれているのだとか・・・ 源氏山公園・葛原岡神社、おススメです。 例年6月下旬からが見頃の妙本寺も、おススメ! 鎌倉にはあじさい寺と呼ばれる明月院のほかアジサイの名所が多く存在します。梅雨を迎える6月には紫陽花を見ようと多くの観光客が足を運ぶ、代表的なアジサイ名所の明月院、長谷寺、葛原岡神社と、アジサイをゆったり鑑賞できる穴場スポット、光則寺、御霊神社(権五郎神社)をご紹介。 鎌倉の紫陽花の見頃はいつからいつまで? 鎌倉の紫陽花の見頃は、例年6月中旬から下旬にかけて。 満開ではなくても、5月下旬から7月上旬まではチラホラ咲くあじさいを見ることが出来ます。 紫陽花の名所として有名な鎌倉では、現在、色とりどりの紫陽花が咲き誇っています。紫陽花スポットの一つである円覚寺でも紫陽花が見頃を迎えており、山門や仏殿の周辺、法堂跡、佛日庵などで美しく咲いている姿を楽しむことができます。 鎌倉で咲く花の見頃や、鎌倉で有名な花は何か、おすすめの花寺をご紹介します!鎌倉は四季折々、様々な花が咲き自然を楽しむことができます。鎌倉に訪れる際は、要チェックです(^^) 2020/06/2611:25ウェザーニュース紫陽花の名所として有名な鎌倉では、現在、色とりどりの紫陽花が咲き誇っています。紫陽花スポットの一つである円覚寺でも…(2020年6月26日 11時32分0秒) 鎌倉のこと教えてください」といった相談が寄せられているのだが、相談者は6月後半の時期に友人と鎌倉へ行くとのことで、「おすすめの観光ルートなどありましたら教えて下さい!」と投げかけている。 6月後半は紫陽花が見ごろ 6月の鎌倉は、人気の紫陽花(あじさい)を目当てに多くの人々が訪れます。あじさいと同じ時期には花菖蒲(はなしょうぶ)も咲き、中旬頃には梅雨入りし、花木に雨露がよくあいます。鶴岡八幡宮や妙本寺など古の寺社でみるホタルも見逃せません。