描かれている場所は? 『印象、日の出』で描かれているのは、モネが幼い頃から家族と暮らしていたノルマンディ地方のル・アーヴルの港です。朝もやの中太陽が昇る一瞬の光景を描いています。 『印象・日の出』(いんしょう・ひので、フランス語: Impression, soleil levant)は、クロード・モネが1872年に描いた絵画。印象派の名前の由来となる美術史上、重要な意味を持つ作品である。 《印象、日の出》は1872年にクロード・モネによって制作された油彩作品。48 cm × 63 cm。1874年4月に開催された「画家、彫刻家、版画家などの美術家による共同出資会社第1回展(第一回印象派展)」で初めて展示され、印象主義運動の発端となった作品である。
モネの「印象・日の出」も最初に展覧会(1874年)に出品された時は散々でした。 アカデミックな絵が主流を占めていた当時のフランス画壇で、「手抜きじゃないのか」とか、「未完成だろ」と揶揄される声が圧倒的だったのです。 今回は、パリ観光に欠かせないマルモッタン・モネ美術館の行き方・作品鑑賞・お得情報といった観光情報を徹底的にご紹介します!ここではメトロ・rer(近郊鉄道)のアクセス方法や展示作品紹介、お得なチケット情報や周辺観光スポット情報をご紹介します