カロテノイド色素を多く含む緑黄色野菜の中でも、ホ ウレンソウはルテインが豊富なことが知られている。近 年、ルテインは失明原因として増加している黄斑変性症 との関連性が明らかにされており、含有食品の摂取によ る予防が期待されて ノールの面から脚光を浴びているアントシアニン色素を持つ紫色の野菜と緑色野 菜について同種間で色の違いにより金属元素の含有量に違いがあるか否かににつ いて検討した. 第4章では,野菜は各部位によって,野菜自身の生命維持の 解題/抄録 書誌の解題/抄録 中国野菜のタアサイ、チンゲンサイ、クキニンニクのビタミンC含有量およびタアサイ、チンゲンサイの葉身の色調とクロロフィル含有量の各種調理後の変化を検討した。1)総ビタミンC量はタアサイの葉身が最も多く、59.1mg%で葉柄の1.8倍であった。 クロロフィルの定量法には多くの種類がありますが、ここではそのうち代表的なもののプロトコールを紹介します。 クロロフィル定量法 光合成の研究においては、クロロフィルあたりでものの量や活性を計算する場合も多く、クロロフィルをきちんと定量することは必要不可欠です。 一般に葉のクロロフィル含量を示す値にSPAD値を利用することが多いと思います。 その場合SPAD値が高くなるにつれて、葉の色は濃くなる(見た目)と言えるのでしょうか。 経験的に同じ樹種において明らかに淡いと感じる葉がSPAD値では高くなることがあるような気がします。 クロロフィルには複数の健康効果あり、特に貧血解消を目指している人にはかなり重要です。 青汁は青物野菜を原料としているので総じてクロロフィルが含まれますが、その他では藻の一種であるクロレラのサプリメントなどにも多く含まれてい ポリフェノール、クロロフィル、カロテン ニンジン、セロリ、パセリなどのセリ科野菜に含まれており、ガン予防に対する有効性が注目されています。 スルフォラファン ブロッコリーに含まれ、発ガン物質の体内への侵入を予防します。特に芽の