ルビーのアナベルは、provenwinnersから販売されている、 アメリカアジサイの品種です。 アメリカアジサイといえば、白花のアナベルが有名です。 ルビーのアナベルには、どのような特徴があるのでしょうか。 また、育て方は白花のアナベルと異なるのでしょうか。 「アナベル」は手毬のような愛らしい形をしたアジサイです。西洋アジサイとは違い、日陰や冬の寒さにも強く、鉢植えでも育てやすいため人気のある種類です。そこでアジサイ「アナベル」の水やりや肥料、剪定方法などの育て方や挿し木による増やし方を解説します。

育て方はこのページの下. 梅雨時に青やピンク色のきれいな花を咲かせるアジサイを見て、「自宅でも育ててみたい!」と思う方も多いのではないでしょうか?でもいざ育ててみると、花が咲かない、年々花が小さくなっていくなど、アジサイは育てるのむずかしい植物でもあります。 アナベルの育て方. アジサイとアナベルの違い. ではこれらの特徴を理化してアナベルの育て方を解説していきます(≧ ≦). アナベル(Annabelle)は、古くから日本で親しまれているアジサイとは、 少し趣きの異なる外国種の白いアジサイです。 蕾ができてから、長い期間観賞することができ、ドライフラワーにしても楽しめます。 特徴と育て方のポイントをご紹介します。 紫陽花アナベルの魅力は、繊細で愛らしい白い花。ドーム状に咲くとふんわり柔らかで、初夏の洋風の庭でよく映えます。アナベルはアジサイの仲間ですが、剪定時期や方法などが異なります。アナベルの育て方5つのポイントをまとめました。 アナベルの管理. アナベルは白い花が特徴のとてもきれいなお花です。 他のあじさいと違って育てやすいのも大きな特徴のひとつ。 ドライフラワーも簡単に楽しめるのでおすすめです。 庭や部屋を彩りにいかがですか? 今回はアナベルの育て方についてみてみましょう。 梅雨時に青やピンク色のきれいな花を咲かせるアジサイを見て、「自宅でも育ててみたい!」と思う方も多いのではないでしょうか?でもいざ育ててみると、花が咲かない、年々花が小さくなっていくなど、アジサイは育てるのむずかしい植物でもあります。

家の裏手などに植えるよりも、ほかの植物と一緒に混植するような使い方が向いていますね(≧ ≦) 西洋アジサイは今年に伸びた枝には翌年には花がつかないという特徴があります。ではどこにつくのかというと、今年伸びた枝の下に位置する昨年伸びた枝の付け根に花芽をつけます。 科名 ユキノシタ(アジサイ)科 学名 Hydrangea arborescens ‘Annabelle’ 用途など 露地植え 鉢植え 開花期 6月~7月 大きさ 高さ1m~2.5m 耐寒性 ふつう 難易度 ★★☆☆☆(そだてやすい) 育て方 ポイント; 日当たり~半日陰で育てる 「アナベル」は手毬のような愛らしい形をしたアジサイです。西洋アジサイとは違い、日陰や冬の寒さにも強く、鉢植えでも育てやすいため人気のある種類です。そこでアジサイ「アナベル」の水やりや肥料、剪定方法などの育て方や挿し木による増やし方を解説します。 上で説明しているように、アナベルはアジサイであっても 日当たりを好みます 。. アナベルは本当に初心者でも育てやすい花です。庭植えにされることが多いですが、鉢植えでも育てられます。 そこで鉢植えにしたアナベルの育て方や、西洋アジサイより育てやすい点をまとめてみました。