また、ベンチャー企業への投資の成功確率は高くありません。 自社の領域から離れた事業であれば尚更のことです。 成功させるためには継続的に投資を行い、多くの時間と資金を費やす必要があります。 まとめ. 阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、社長:若林常夫)では、今後の急激な技術革新や社会的価値観の変化を見据えた 当社の既存事業の競争力強化や新規事業開発に向けて、今般、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「HHP 共創ファンド ベンチャーファンド、「アイテック阪急阪神戦略パートナーズ投資事業組合」を設立し、事業シナジーを有するベンチャー企業を資金面・経営面でサポートしています。 サンブリッジグループによる12年のベンチャー企業への投資育成活動で培ったノウハウをもとに2012年、シード期への投資を促進するために設立 阪急阪神不動産、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「hhp 共創ファンド1号投資事業有限責任組合」を新設 2019/8/30 17:15 記事保存 弊社阪急阪神不動産は、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「HHP 共創ファンド1号投資事業有限責任組合」を新設し、スタートアップ(成長志向の新興企業)との共創を加速させます!! 阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、社長:若林常夫)が本年8月に設立しましたコーポレートベンチャーキャピ タルファンド「HHP共創ファンド1号投資事業有限責任組合(以下「本ファンド」)」は、第1号出資として、この度、キー CVCとは?VCとは ”Corporate Venture Capital” の頭文字を取ったもので、事業会社とベンチャー企業の連携方法のひとつです。基本的には自社の事業領域と重なる、またはシナジーが期待できる企業に投資 …